2016年2月27日土曜日

本日より静岡開設記念GⅢ開催です

お久しぶりです。事務所のKです。

2月も終わりに近づき、もう雪の心配も無くなってきたこの頃。
しかし朝夜はまだまだ寒く、周りではインフルエンザにかかる人もちらほら。
皆様も体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

さて、本日より富士の麓、静岡競輪場にて開設63周年記念GⅢ 徳川家康公顕彰四百年記念事業「たちあおい賞争奪戦」が開催されます。
(ちなみにたちあおいとは一般的に「葵」を指す言葉で、徳川家の家紋となった花です)

今回S班からは神山雄一郎、村上義弘、山崎芳仁の3選手が参加。
3名とも静岡バンクで抜群の実績を持ち、切り崩すのは簡単ではないでしょう。

地元からは渡邉春智が南関ラインをまとめて出場。
片寄、萩原、望月、そして弟子の渡邉雄太ら地元選手をひっさげて強敵に挑む。
ラインには起動型の郡司、根田、山中と人材も豊富。渡邉春智がうまくまとめ上げれば全国の強豪相手でも、V争いに割って入れる。

舞台となる静岡バンクは全長400m。大型ビジョンの後ろに富士山を望む、全国でも屈指の風光明媚なバンクです。
基本的にクセは無く、どんな戦法の選手でも力を発揮できます。
また、第2センターに大型ビジョンがあるので、先行する選手はバックで捲ってくる選手を確認できるのも大きな特徴。


今回の重賞でも、サテライト鳥取1周年記念といたしまて、明日最終レースの的中車券ガラポン抽選を実施。
2車単、3連単的中で最高5,000円の車券購入券が当たります。
先週のガラポンでは的中者が少なくキャリーオーバーも発生していますので、当選人数がUPしています。

この機会に是非サテライト鳥取で競輪をお楽しみ下さい!