2016年12月14日水曜日

12/15より伊東温泉競輪(GⅢ)開催

クリスマスも間近に迫ったこの時期、熱い温泉の湧き出す地で、熱湯すらぬるく感じる闘いがいよいよ始まる。
12/15より「伊東温泉競輪 開設66周年記念 椿賞争奪戦(GⅢ)」の開幕です。

赤板前からピッチの上がる33バンクでの戦いは機動型がカギを握るスピード戦!

まず一番の注目は、去年の覇者深谷知広。後方からの豪快なまくりで制した競争はまさに怪物の走り。
その深谷に待ったをかけるのが吉田拓矢。グレードレースでは力を出し切れていないが、スピード・ダッシュ力に優れ持久力も持ち合わせる。深谷を苦しめる走りをしそうだ。
また吉田は、初日予選スタートとなるが、勝ち上がれば武田豊樹との連携で優勝争いをリードするかもしれない。

スピード勝負で強さを発揮するのが渡邉一成。今年はGP出場決定とリオ五輪で、世界に大きく羽ばたいた一年。世界と戦うために鍛え上げた脚で優勝争いに挑む。
またSS班山崎芳仁との連携も強みだ。持久力に優れた地脚タイプの山崎とは正反対のタイプながら、連携は何度も決めている。侮れないラインとなる。

他の地区からくる選手もみな曲者揃いの目の離せないレースとなるだろう。

33バンクでは、全国で2番目に直線の長い伊東バンク。どんな戦法の選手でも力を出し切れるコースとなっている。

今年の走り収めとなる選手も多くいるであろう今大会。湯煙ただよう伊東温泉で、有終の美を飾ろうと皆躍起になることうけあいだ。

激しい闘いのご観戦は、是非サテライト鳥取で!