2017年1月3日火曜日

新年あけましておめでとうございます

グランプリの興奮冷めやらぬ中、2017年度の闘いの開始だ。

1月4日から、本年度重賞のスタートとなる立川開設65周年記念競輪開催される
激戦を走りぬいたばかりのSS選手である、平原康太、新田祐大、稲垣裕之、岩津裕介を筆頭に、深谷知広、三谷竜生、郡司浩平ら豪華なメンバーが参戦。

V争い筆頭はやはり総合力No1の平原康太か。16年は度重なる落車に苦しみながら、試行錯誤の末さらに進化。圧巻のパフォーマンスで7度目のGP出場を勝ち取った。残念ながらGP制覇はかなわなかったが、最高の状態に仕上げたGPより中3日でその流れを維持できそうだ。

GPでは悔しくも失格で終わってしまった新田祐大は、そのフラストレーションをここで爆発できるだろうか。ダッシュスピードは競輪界随一。圧倒的なスピードで今年も競輪界を引っ張っていく存在となるだろう。
その新田の番手は佐藤慎太郎の指定席。差し足は安定し、連携実績豊富な新田と連独占を狙う。

近畿勢も強力な布陣。連携を組んでいた村上義弘が見事GP制覇を果たした稲垣裕之。盛り上がり絶頂の流れは大きな追い風となるだろう。充実の三谷竜生とともに、白星量産スタートとなるか。

昨年は松戸オールスターGⅠ優勝を果たした岩津裕介。鋭いキメ脚は、長い直線の松戸バンク向き。今年もGP出場に向け好スタートを切りたい。


1年間という長い闘いのスタートである立川記念は、今年の行く末を占う重要な大会となるだろう。
それだけに皆白星発進を目指し激戦を繰り広げる。

ご観戦はサテライト鳥取まで!
今年もよろしくお願いいたします!