2017年2月8日水曜日

2/10より国際自転車トラック競技支援競輪(GⅢ)開催

今年も3日間のみのGⅢ。
国際自転車トラック競技支援競輪が小田原競輪場にて開催される。

目前に全日本選抜(GⅠ)が控えているため最高峰SS班は参戦しないものの、この隙に優勝をかっさらおうと若手をはじめ多くの選手がその牙をむく。

注目の選手は黄金期と言われる107期鈴木竜士。33バンクは得意ではないというが、過去2回走っている小田原では、チャレンジ・A級戦で完全Vを達成し相性はよい模様。無敗のバンクでGⅢ初制覇まで行きたい。

そして109期より太田竜馬。33バンクは初戦だが、デビュー後チャレンジ戦で玉野競輪場バンクレコードをたたき出す超有望株。すんなり先行させてしまえば下剋上も充分あり得る。

出る杭を打つのはベテランの務め。65期の後閑信一がここに待ったをかける。小田原は10年以上走っていないらしいが、そこは大先輩として意地の競争を見せてもらいたい。

他にも注目選手として、鈴木謙太郎、新田康仁、林雄一、箱田優樹など実力派揃い。

さらに今回は3日制でエボリューションが行われる。これは競技用フレームを使用し、7選手が単騎で先行・まくり・差しのタテ競争で勝負する。2日間の予選ポイントで決勝進出を決める、ガールズ競輪と同じ勝ち上がり方法だ。
ラインが無く、地力が大きくモノを言うエボリューション。予想外のドラマが生まれる可能性が大だ。

記念とは違う日程で行われる重賞。いつもより1日少ない分多くのエネルギーで1レースを闘い抜くだろう。鬼のいぬまに誰が優勝の宝を手にするのか。

必見です!!