2017年2月27日月曜日

3/2より玉野記念GⅢいよいよ開催!

瀬戸内に熱い風を呼ぶGⅢバトル。
玉野競輪開設66周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦が、
来たる2/2(木)より4日間の予定で開催される。

今大会には、昨年のGP覇者村上義弘が参戦。42歳という年齢を全く感じさせない走りで2016年GPを制した村上は、心技体全てが充実している。
玉野記念は62周年で優勝しており、4年ぶり2度目の制覇を目指す。王者として1走たりとも恥ずかしい走りのできない村上は、抜群のコンディションで挑んでくることうけあいだ。優勝候補筆頭として大注目となる。

地元岡山も迎撃態勢は万全。地元記念V4を目指す岩津裕介は、キメ脚の鋭さと的確な読みで譲れない闘いを見せてくれるだろう。大先輩本田晴美のV3に並んでいる今、更なる記録更新に大いなる期待がもたれる。並々ならぬ意欲で攻め入る他地区を迎え撃つ。

初制覇を目指す平原康太も注目となる。昨年は度重なる落車や失格に苦しんだが、今年は競輪祭をきっかけに復調気配。1月大宮GⅢでは完全優勝を果たし、確かな実力を披露。今年度の期待No1としてどこまで記録を伸ばせるのか目が離せない。

他の有力選手として、原田研太郎、吉田拓矢、石井秀治、金子貴志など一線級の選手たちが集結。

穏やかな瀬戸の海を背に灼熱のバトルが繰り広げられる、瀬戸の王子杯。
ご観戦は是非サテライト鳥取まで!!