2017年4月19日水曜日

4/22より西武園記念開催

千両役者そろい踏み!
競輪最高峰のSS班9名のうち、4人が集結する今大会。
GWの日本選手権を前に、勢いをつけたいところだ。

No1注目はやはり地元平原康太。昨年はギリギリまでGP出場を確定出来なかったが、今年は取手全日本競輪を制し早々とGP出場権獲得。最高のスタートを切れた。相手は諸橋愛がイチオシだが、下降気味とはいえ神山雄一郎とのコンビもファンは期待する。池田勇人や鈴木竜士との走りにも注目だが、どうしても主導権重視の役割を担いそうなので、どこまで粘れるかは微妙。

近畿地区より稲垣裕之も参戦。いまだ若々しく先行屋のオーラを漂わせる。村上博幸との鉄壁軍団でいくのか、盟友脇本雄太の番手というのも充分ある。地元平原康太にとっての一番のライバルは稲垣で間違いないだろう。

世界レベルのスピードを誇る中川誠一郎もその実力をフルに発揮だ。展開に左右されやすい戦法だが、例え後方からでも中川なら一発カマシてくれる。そんな期待をせずにはいられない。

中国地区からは岩津裕介が。いつものことだが、中国地区は上位選手の層が薄い。しかしそんなことには慣れっこの勝負師は、常に利のある位置を模索し、単騎となっても最上の絵図を描く。プロフェッショナルとはこういうことだ。

その他の地域からも、SS班の牙城を切り崩そうと多くの有力選手が集結した。トップ選手だろうと臆せずぶつかっていく闘争本能あふれる闘いが多く見られるだろう。

4月の西武園の勝負の風を読み切るのは果たして誰なのか!?
乞うご期待です。
ご観戦はサテライト鳥取まで!!

2017年4月13日木曜日

4/15より高知記念開催

高知500バンクに、また1ページ熱い闘いの歴史が刻まれる。
4月15日より「開設67周年記念 よさこい賞争覇戦(GⅢ)」の開催だ。

今回参加のSS班は3名。

関東地区より武田豊樹。去年前半は苦しいシーズンだったが、後半は調子を上げてきた。11月競輪祭で準Vを取ると、GPでも2着の活躍。実力は充分示せた。力を付けてきている横山尚則や河村雅章、神山拓弥など20名の強力選手と共に高知へ乗り込む。

中部地区は浅井康太を中心に結束。競輪界を代表する自在型の浅井と共に、一撃の破壊力抜群の深谷知広は脅威。上昇一途の川口聖二も魅力十分だ。

そして昨年GP王者村上義弘率いる近畿地区。起動型の中井俊亮や、かつて高知をホームバンクにしていた山本伸一など、流石の層の厚さだ。

中国地区からは、今節の注目株取鳥雄吾が参戦。ダッシュ力を生かした積極的な競争でVを狙う。

迎え撃つ地元地区は原田健太郎の記念Vが期待される。久々の高知バンクとなる香川雄介、
高知選手唯一のS1班となる佐々木則幸など有力選手が出場。

新たな出会いと別れの季節、高知バンクではどのような熱いレースと出会えるのか!?

ご観戦はサテライト鳥取まで!!

2017年4月7日金曜日

4/8より川崎記念開催

史上初!ナイターGⅢ!

7人ものSS班が揃った今年の川崎記念は、ナイターでの開催となる。

北日本勢は渡邉一成を中心に、先行力のある飯野裕太、その後ろに伊藤大志や長澤剛など青森勢が続く。今年1月にいわき平記念を制した渡邉一成はその調子をどこまで上げてきているのか楽しみだ。

関東勢では現競輪界トップ選手の平原康太が大注目。吉澤純平を前に、後ろには朝倉佳弘の布陣となるか。台風の目になることは間違いないだろう。

南関勢は地元神奈川の郡司浩平がSS選手へと挑んでいく。後ろを頼れる神奈川の後輩達に任せ、目指すは地元優勝の栄誉のみ。

中部勢は浅井康太が自在戦で乗り切る。後ろにつくは林巨人。頼れるラインで敵陣へと切り込んで行く。

近畿勢は村上義弘、稲垣裕之の京都コンビが強力。他の選手も層が厚く油断ならない。椎木尾拓哉、古性優作のの結束戦も。

中四国勢では岩津裕介が軸となる。九州勢の動きに乗っていく形となるだろうか。

九州勢は中川誠一郎が引っ張る。今年はケガによる戦線離脱があったが、そこはキッチリと回復を果たし万全の状態。

初ナイターGⅢでいつも以上に気合の入った選手たち。春の夜に灼熱のレースを繰り広げるだろう!

また、4/11の決勝レースではマンスリーガラポンを初開催!
3連単的中者のみ参加で1等5000円分の車券購入券が当たります!
是非お越しください!!

2017年4月3日月曜日

4/5・4/6 休館のお知らせ

4月5日(水)
4月6日(木)
の2日間、ノーケイリンデイの為休館とさせていただきます。

翌7日より通常営業いたしますので、よろしくお願いいたします。