2017年9月13日水曜日

9/15より共同通信社杯(GⅡ)武雄 開催!

若手登竜門と言える大会。
共同通信社杯(GⅡ)武雄が、9/15より4日間開催される。

6年ぶりとなるBIGレース開催の武雄競輪では、初日のRを自動番組編成によるオール予選で行う。

若手機動型が多いこの大会にあっても、優勝争いを牽引するのはやはり平原康太だろう。今年前半は圧倒的な強さで勝星を重ねてきた、まさに究極のオールラウンダー。武田豊樹も好調を維持し、さらに若手の成長によりラインの総合力は上がっている。

勢いがあるのは新田祐大か。ナショナルチームのトレーニングによりさらに進化した新田祐大は、渡邉一成と共に世界の舞台でも活躍。さらに底力のある山崎芳仁、佐藤慎太郎も加わり万全の体制。

中部勢は浅井康太を中心に、深谷知広、竹内雄作、金子貴志ら少数精鋭の布陣。自慢のパワーの戻ってきた深谷知広に、昨年富山大会の覇者竹内雄作がV争いを盛り上げる。

近畿勢は総代将の村上義弘がケガに泣かされる年だ。しかし満身創痍であっても一走入魂は変わらない。ラインの稲垣裕之は好調を維持しているし、ここらで完全復活をアピールしたい所。

中四国勢は原田研太郎、岩津裕介らが参戦。原田は川崎ナイターGⅢでバンクレコードをたたき出すなど、その力に磨きがかかっている。

九州地区は園田匠の鋭い差し脚が魅力。中川誠一郎は鎖骨骨折の影響でイマイチな状態が続いたが、そろそろ本領を発揮か。

今年も残すところ少なくなってきたBIGレース。各選手とも最後の追い込みに必死となるだろう。残暑の武雄でバンクを溶かす熱い闘いが始まる!!


≪ガラポンイベントのお知らせ≫
各日最終レースで恒例のガラポンイベント実施いたします!!
最終日は1等10000円分の車券購入券!

奮ってご参加ください!!