2017年10月18日水曜日

10/19より熊本記念GⅢ開催!

熊本魂!!

来たる10月19日(木)より、「開設67周年記念熊本競輪 火の国杯GⅢ」が開催される。
日本一の長さを誇った熊本競輪場の滑走路バンクは、昨年4月14日、16日に起きた未曽有の地震によって破壊され、大改修が必要となった。
再興することは決定となっているが、いまだ手付かずの状態。競輪場再開まで3年はかかるという。
そんな中、今年も久留米市よりの好意によって久留米競輪場で代替開催。

昨年は復興を願うファンの後押しに応え、地元中川誠一郎が優勝。今年も連覇を狙う中川と、そうはさせじと全国から集まった強豪合計108名が激しく激突する。

特に熊本競輪を3回優勝している武田豊樹は、今年度賞金額も好位置に付け、ベストな状態で挑んでくることは必至。
また、浅井康太、深谷知広など競輪界のトップ集団をひた走る健脚たちも優勝争いに名乗りを上げる。

観るものに元気と勇気を与える、魂の走り!熊本競輪ここにあり!
熱い闘いを是非ご覧ください!


≪ガラポンイベントのお知らせ≫
サテライト鳥取では恒例のガラポンイベントを開催いたします。
熊本競輪決勝Rにて、3連単的中者の方ご参加いただけます。
1等は3連単5点BOX購入券(6000円相当)です。
奮ってご参加下さい!

2017年10月4日水曜日

10/6より寛仁親王牌GⅠ開催

今年も残り少なくなってきた10月。
若手の登竜門、寛仁親王牌が今年もついに始まる。

古き良き昭和の競輪は幕を閉じ、現在トップはアスリート選手たちの活躍の場となっている。
特にナショナルチームのメンバーである新田祐大や渡邉一成は、競輪との相乗効果によって更なる飛躍を遂げている。
絶好調新田は今大会でもその圧倒的なスピードを見せつけてくれるのか!?

そしてもう一人今年の主役、平原康太もV争い有力候補だろう。すでにGP出場を決めているとはいえ、トップの意地としてここは譲れないところ。あとは武田豊樹が何処まで喰いこんでくるか楽しみな所。

そして近畿勢として連覇を狙う稲垣裕之。昨年は悲願のGⅠ制覇を成し遂げ、競輪の歴史に新たな1ページを加えた。今年も層の厚い近畿勢と共に頂点を目指して駆け抜ける。
今年はケガに泣かされている総大将村上義弘も、一発逆転を狙い虎視眈々と牙を研いでいる事だろう。

29年度GⅠは残すところ2大会。誰もがみなその栄光目指して燃え上がる。
乞うご期待です!


≪ガラポン抽選会のお知らせ≫
サテライト鳥取では恒例のガラポンイベントを開催いたします。
各日最終レース3連単的中でご参加いただけます。
決勝戦では何と1万円分の車券購入券が当たる!
奮ってご参加下さい!