2018年2月27日火曜日

3/1より名古屋記念開催

早いもので今年ももう3月。
金のしゃちほこの見守る地、名古屋にてゴージャスな大会が開催される。
「開場68周年記念 名古屋競輪 金鯱賞争奪戦・楽天カップGⅢ」の開催だ。

強力な布陣で闘いの中心となるであろう地元中部勢。
昨年GP覇者の浅井康太を筆頭に、吉田敏洋、山内卓也、高橋和也、近藤龍徳の地元勢が脇を固める。特にホームでの優勝に闘志を燃やすのは吉田敏洋か。大挙勝ち上がりならどのような並びになるかも注目だ。

対抗するは関東勢。まごうことなき競輪界トップクラスの実力者平原康太が引っ張る。同地区にSS班諸橋愛もいるのはとてつもない強み。横山尚則、芦澤大輔の茨城コンビも上位進出へ虎視眈々。

侮れないのは村上義弘。SS班こそ逃したが、ここ名古屋バンクでは過去名古屋ダービー3連覇という偉業を達成した相性抜群の地。思い入れも深いことだろう。野原雅也との連携も強力でV争いに躍り出るか。

有力選手多数参戦の今大会は見どころ満載!
乞うご期待です!

≪ガラポンイベントのお知らせ≫
サテライト鳥取では恒例のガラポンイベントを開催!
4日決勝レース3連単的中でご参加いただけます!
お楽しみに!!

2018年2月21日水曜日

2/22より奈良記念GⅢ開催

冬季オリンピック、羽生の金メダルに沸く昨今。
古き良き奈良の地で、オリンピックに負けぬ金争いが繰り広げられる。
「奈良競輪開設67周年記念 春日賞争覇戦GⅢ」の開催だ。

何といっても地元勢が熱い今大会。
大将を務めるのはSS班三谷竜生。オールラウンダーとしてTOPクラスをひた走る三谷がSS班の意地にかけて地元記念に臨む。
負けていられぬのがその兄三谷将太。決勝で兄弟ワンツーフィニッシュを決められるか。
そして元砂勇雪、中井太祐、中井俊亮、野口正則と、地元の若い力が集結。活きのよさでV争いに名乗りを上げる。

攻め入る選手は、強力武田豊樹。弟子の吉澤純平と共に33バンクで暴れまくる。

北日本からは昨年記念を初制覇した早坂秀悟。鋭いダッシュは期待大だが、今大会は援軍が手薄か。隙を突いての一発に期待したい。

寒さも和らいできたこの季節に、心の底から熱くなれるレースをお届けする。
奈良記念!乞うご期待です!


サテライト鳥取では恒例のガラポンイベントを開催。
決勝レース3連単的中でご参加いただけます!
奮ってご参加下さい!

2018年2月17日土曜日

2/17より静岡記念GⅢ開催

冬季オリンピックに皆が熱中する中、負けないくらい熱くなれる闘いが富士の裾野で繰り広げられる。
「静岡競輪開設65周年記念 たちあおい賞争奪戦GⅢ」の開催だ。

実力派が多数参戦する今大会で、優勝争いが予想されるのは勿論SS班の選手たち。
浅井康太、平原康太、桑原大志の3選手は注目の的だろう。

昨年王者浅井康太は、中部地区より参戦の吉田敏洋との連携か。軌道型の吉田との連携は微妙だが、吉田の近況が良いだけにどちらが前でも強力な連携となるだろう。

総合力なら平原康太。いわずと知れた競輪界No1のオールラウンダーは、若手ホープの吉田拓矢と協力タッグ。追い込み型の雄神山拓矢も存在感抜群。援護ラインは厚くV争いリードか。

いつもは層の薄い中四国ラインだが、今回はワケが違う。桑原大志の引っ張る今大会は、原田研太郎、鳥取雄吾と協力選手がそろい踏み。勝ち上がってくれば川島将貴、佐々木豪の新鋭の力も。存在感は抜群だ。

近畿勢では村上義弘が際立つ。先日の全日本選抜では兄弟そろって2・3着の活躍。ケガに泣いた去年の雪辱を晴らすべく今年は活躍の年としたい。ラインを固めるのは古性優作。展開次第で何でもしてくる巧みなレース運びは優勝候補の一角となりうる。

その他有力選手多数が参戦の静岡記念。
優勝という金メダルを獲得するのは誰なのか!?
大注目の大会です!

ご観戦は是非サテライト鳥取で!!

2018年2月8日木曜日

2/9より全日本選抜GⅠ開催

今年初のGⅠがついに開催される。

四日市競輪場にて「第33回読売新聞社杯 全日本選抜競輪GⅠ」の開幕だ。

一番の注目を集めるのはやはり昨年GP覇者浅井康太だろう。2年ぶり2度目のチャンピオンユニフォームを身にまとい、地元開催のGⅠに参戦。圧倒的な期待を背に、王者にふさわしい走りを見せてくれるだろう。
そんな浅井がまとめ上げる中部勢は強力。地元坂口晃輔が、浅井との連携を決める。ベテランでは金子貴志、強力な先行は竹内雄作と、隙のない布陣。V争いでは一歩リードか。

全大会で戦線を席巻したのは、今年初出走となる新田祐大。爆発的な仕掛けで一気にねじ伏せる戦い方は圧巻の一言。成田和也、佐藤慎太郎の巧マーカーが福島独占を狙う。

上位陣の層が厚いのは関東と近畿だ。
関東勢を率いるのは平原康太、武田豊樹、諸橋愛のSS班3人。昨年の同大会では平原武田のワンツーフィニッシュ。オールラウンドの平原の走りは既に完成の域。どんな場面だろうと対応できるのはとてつもない強みだ。
さらに木暮安由、吉澤純平、牛山貴広、吉田拓矢と戦力は十分。好連携から平原連覇達成も夢ではない。

近畿地区は村上義弘を筆頭に三谷竜生、稲垣裕之、村上博幸と経験豊富実績抜群のメンバー。さらに稲川翔、椎木尾拓哉、脇本雄太、古性優作と各世代・戦法共にバランスが取れている。カリスマ村上義弘の下、一致団結して攻め込むだろう。

中四国からは桑原大志、岩津裕介が注目。位置を探りながら直線での突っ込みにかけるか。

その他にもトップ選手ばかりが大集結。優勝すれば早々とGP出場を決められるだけに、皆並々ならぬ意気込みで闘うことだろう。
いったい誰が頂点に輝くのか!?
乞うご期待!!!

≪ガラポンイベントのお知らせ≫
サテライト鳥取では恒例のガラポンイベントかいさい!
各日最終レースにて3連単的中でご参加いただけます!
奮ってご参加下さい!

2018年2月5日月曜日

2/5 別府FⅠナイター 7レース以降中止のおしらせ

本日、2/5発売の別府FⅠナイター2日目は、

7レース以降、悪天候のため中止となりました。

ご了承頂きますようお願い致します。