2018年9月30日日曜日

9/30 別府FⅡナイター中止のお知らせ

本日、9/30発売の別府FⅡナイター2日目は、

悪天候のため中止順延となりました。

ご了承頂きますようお願い致します。

青森競輪GⅢ最終日は通常通り発売します。

2018年9月26日水曜日

9/27より青森記念GⅢ開催

めっきり涼しくなってきた昨今、本州最北の地で明日より
青森競輪開設38周年 みちのく記念競輪GⅢ」が、開催される。

今大会をリードするのはやはりこの人平原康多だろう。
今年も競輪界の最前線で圧倒的な存在感を放ち続けるオールラウンダー。そして新たな練習方法を取り入れるなど未だ進化を続けるまさにトッププレイヤーだ。そこにラインを組む吉田拓矢、芹澤辰弘と援護も充実。V争い筆頭となるか。

そんな浅井と双璧をなすのが浅井康太だ。今年前半は体調不良の影響で活躍の場が少なかったが、エンジンのかかってきた後半戦は記念優勝も果たし、これからが勝負の時。中部は今大会若手機動型が不在だが、その分本来の持ち味が発揮できることだろう。変幻自在の立ち回りで他線を翻弄するか。

四国からの刺客、原田研太郎も存在感が強い。破壊力抜群の捲りはSS班相手でも後れを取らない。差し足好調な渡部哲男とのコンビで頂点を目指す。

迎え撃つ地元有力選手は、何といっても新山響平だ。GⅠと同じ大舞台だという地元記念でファンの期待に応えたい所。

熱戦必死の青森記念!
お楽しみに!

≪恒例のガラポンイベント開催≫
9/30決勝レースにてガラポンイベントを開催!
3連単的中でご参加いただけます!
詳しくは店内POPにて!!
ご来場お待ちしています!

2018年9月21日金曜日

9/22より京都記念GⅢ開催

地元優勝へ向けて役者は揃った近畿勢。
明日9月22日より「向日町競輪場開設68周年記念 平安賞GⅢ」の開催だ。

必勝態勢で臨む近畿勢は、不屈の闘志村上義弘が総大将を務める。昨年はケガの影響で8年連続のGP出場は逃したが、今年は復調。日本選抜、日本選手権で共に準Vと奮闘を続ける。地元記念で弾みをつけSS班へ返り咲きたい所。
そんな村上義弘とラインを組むのは、三谷竜生、稲垣裕之、村上博幸etcと、どの選手も優勝争いを繰り広げることのできるトップ選手ばかり。地元ファンの声援を追い風に一丸となって頂点を目指す。

攻め入る有力選手で注目するのは、北日本より菅田壱道。今年大宮GⅢでは平原康多を相手に見事V奪取。総合力が高くV候補の一角となる。ラインを組む佐藤慎太郎もベテランの判断力で一瞬の隙を突く。油断できない選手だ。

そしてSS班より参戦は関東諸橋愛。幾度もの落車に悩まされるが、今年地元記念では見事V達成。今年度前半の不振脱却へ光明が見えたか。

中国勢では岩津裕介が主軸となる。今年はVこそ無いが、その百戦錬磨の手管は健在。清水裕友と共にワンツーを狙う。

その他全国より強力な選手が続々参戦。層の厚い近畿勢を崩すのは至難の業だろうが臆することなく立ち向かっていくだろう。
激戦に期待大!!

ご観戦は是非サテライト鳥取まで!!

2018年9月13日木曜日

9/14より高知GⅡ開催

夏の暑さも喉元過ぎて、めっきり涼しくなってきた昨今。
高知500バンクにて熾烈な闘いの火蓋が切って落とされる。

「第34回共同通信社杯GⅡ」の開催だ!

優勝候補となるのは平原康多、浅井康太、三谷竜生のスリートップだろう。
特に三谷竜生はGⅠ連覇という偉業を達成し乗りに乗っている。オールラウンダー浅井康太も直近の富山で1411と好成績で優勝。上がり調子は間違いない。平原康多も5月GⅢ京王閣で完全Vを達成するなど良好な気配。卓越したレースセンスで他線を翻弄か。

SS班からは他に武田豊樹、諸橋愛、桑原大志が参戦。確かな実力をもつこの3人も優勝争いに絡んでくる確率は高い。
S級1班の注目は近畿のドン村上義弘。今年は賞金ランクも上位に付け好調を維持。ここで一気に賞金を積み上げGP安全圏を確実にしたい所。

若手の台頭も目覚ましい。北日本の新山響平は強靭な先行力で優出も多数。近畿ではデビュー最速GⅢ初V達成の南潤。四国の小川真太郎はGⅠで3勝を上げる活躍と、ベテラン勢何するものぞと突き上げてくる。今大会でも大いに活躍してくれるだろう。

そろそろ今年のGP出場決定までの日数も少なくなってきた。皆少しでも多くの賞金を獲得しようと追い込みに入っていることだろう。
白熱したレースに乞うご期待!!

≪ガラポン抽選会開催≫
サテライト鳥取では恒例のガラポンイベントを開催!
GⅡ開催中毎日最終R3連単的中にてご参加いただけます!
詳しくは店内POPにて!
ご来店をお待ちしております!!

2018年9月4日火曜日

9/4 休館のお知らせ

本日9/4(火) 台風の為、休館させていただきます。